第6回健康医学セミナー


 2004年 7月12日夜、赤穂公民館(駒ケ根市)にて第6回健康医学セミナーが開催されました。

今回は、「乳がんの早期発見、早期治療のために」というテーマで、   前長野県がん検診センター所長の小池 綏男(こいけ やすお)先生をお招きし、ご講演いただきました。  
 
乳房の病気や治療について、永年にわたる豊富な臨床経験から、具体的に解かりやすく説明をしていただきました。特に、今後増加が予測される乳がんに対しては、定期的な検診が大切とのことでした。

なお当院では、乳房検診の医療機器「マンモグラフィー」を、生検機能を備えた最新機種に更新しました。これにより、今まで以上に乳がんなどの早期発見、治療に役立つものと期待しています。


セミナー風景

長野日報2004年7月16日掲載記事