前澤病院 かわら版
1999.10.27.4号

接遇勉強会開催される
    
講師に大島昭子先生をお迎えして 「医療激変の時代に求められる患者接遇」
という内容で、院内勉強会をおこないました。

  握手ゲームを通して大切な6つの
  ポイントを勉強しました。


 1.自ら進んで、相手に関わる。
 2.にこやかに、笑顔で。
 3.自分から名のる。自分から患者さん
    にアプローチする。
 4.アイコンタクト。目と目を合わせ、患
    者さん一人一人を観ることが大切。
 5.スキンシップ。握手など
 6.言葉かけにより、好感度アップ。
握手ゲームでリラックス
講師の大島 昭子先生
真剣に聴きいる皆さん


「私たち一人一人が患者さんに見られ評価されている」というお話に、
我が身を振り返り ハッ としました。

今日学んだことをすぐ実践して、早く自分のものにしましょう。