第7回 健康医学セミナー

平成18年10月14日開催




講師の山内先生

健康医学セミナーは、医療に関する最近の話題を提供し、地域の皆さんの健康管理に役立てていただくために開催をしております。

今回は、「メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)ってなんでしょう。どうしたらいいでしょう。」という内容で、信州大学医学部附属病院加齢総合診療科の山内恵史先生をお招きし講演をして頂きました。

メタボリック・シンドロームの診断基準は、内臓脂肪の蓄積を有し(ウエスト周囲径が男性では85cm以上、女性が90cm以上)、その上で、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上のリスクを持つ場合によるとのこと。(メタボリック・シンドローム診断基準検討委員会より平成18年4月8日公表による)


講演では、まず高脂血症、高血圧、高血糖などの生活習慣病の仕組みや治療法について説明がありました。

そして、問題となる内臓脂肪の蓄積を防ぐためには、バランスの取れた腹八分目の食事、適度な運動をすること、そして大切な事は
「あきらめずに続けること」と話がありました。

伊那毎日10.17掲載より