肺ドック、乳腺・甲状腺ドックのご案内

当院では、診断精度が高く早期がんの発見に効果的なヘリカルCTを導入しています。

ヘリカルCTとは、身体をらせん状に連続撮影することができる最新型の検査機器です。従来に比べ広範囲を短時間に(胸部では息を2〜3回止めるだけ)撮影できるため、検査を受ける方の負担が大幅に軽減されました。

肺ドック
<肺ドックをお勧めする方は>
1、 タバコを20年以上吸っている方
特に喫煙係数が400以上の方(喫煙係数=1日の本数×年数)
2、同居者にヘビースモーカーがいる方
3、ご家族・ご親戚に肺の病気をお持ちの方
4、咳や、痰が出やすい方
5、風邪をひくと咳痰が長引きやすい方
<検査内容>
検査項目 肺ヘリカルCT・喀痰細胞診・肺機能検査
腫瘍マーカー(CEA・SCC)
受診日 予約をいただいて、受診日をご案内いたします。
検査結果 当日のうちに結果説明いたします
(ただし一部の検査項目を除く)
検査結果は、後日ご本人に郵送いたします。
費用 肺ドック           25、750円
一般健診プラス肺ドック 32、400円
<検査の流れ>
電話予約

喀痰容器をお送りします

当日受付

CT検査(およそ10分で終了)・採血

検査終了
肺CTの画像
前へ戻る

乳腺・甲状腺ドック
<検査内容>
検査項目 乳 腺―マンモグラフィー検査、乳腺超音波検査
甲状腺―甲状腺超音波検査
血液検査(甲状腺ホルモン、fT3・fT4・TSH・
サイログロブリン・抗サイログロブリン抗体)
受診日 予約をいただいて、受診日をご案内いたします。
検査結果 当日のうちに結果説明いたします。
(ただし一部の血液検査項目を除く)
検査結果は、後日ご本人に郵送いたします。
費用 乳腺ドック      12、204円
甲状腺ドック    10、800円
<検査の流れ>
電話予約

当日受付

マンモグラフィー検査・超音波検査
(いずれもおよそ15〜20分で終了)

採血

検査終了

甲状腺 超音波検査

マンモグラフィー 検査
前へ戻る

マンモグラフィーとは?
乳房をはさんで撮影するX線撮影のことです。乳房は柔らかい組織でできている為、専用のX線撮影装置を使用して撮影します。触診ではわからない「ガン」も、画像から見つかり今までは、乳がんの精密検査の1つとして用いられていましたが、検診にも用いることが出来ます。
検査の際圧迫が必要になります
マンモグラフィーの撮影では、病変の見落としがないように乳房全体を挟んで写真をとります。乳房は人により厚みも大きさも違いますので、良い写真をとる為には、乳房をなるべく均等に圧迫して撮ることが、とても重要となります。この圧迫を行うことで、小さな病変部を拾い上げ、X線の被曝をより少なくする事が出来ます。検査中は多少の痛みを伴うことがありますが、過度の圧迫は行いませんので、痛いときは遠慮なく担当技師へお申し出ください。
なぜマンモグラフィーが必要なのでしょうか?
乳がんを早期発見するには、残念ながらこれまでの視触診のみの検診では難しいものがありました。マンモグラフィーを使用すると触診では見つからない早期乳がんが発見され、死亡率の減少につながることが明らかにされつつあります。

肺ドック、乳腺・甲状腺ドックのお問い合わせ・ご予約は、お電話でも結構です。
気になる方、ご希望の方は当院のスタッフまで遠慮なくご相談下さい。
特に40歳以上の方には年1回以上の検診および定期的なドックをおすすめいたします。
前へ戻る